2024年度、新潟県の高校入試の流れをまとめる

合格発表から数日が過ぎ、まだ少し興奮が冷めやらぬ毎日が続いています。今後の参考に?なるかもしれないので大まかな流れをまとめます。


 

  • 1年前(中2)の12月第2金曜:1年後の入試に関する日程が公表される
    新潟県庁>教育長>高等学校教育課のWebサイトに掲示
     
  • 6月下旬:中学校に高校の先生が来訪しての高校説明会
    ※このイベントは実施するところとしないところがあると思います。
     
  • (2023年)7月1日土曜:明訓高校オープンスクール(申し込みを忘れないように)
  • (2023年)7月28日金曜:**高校オープンスクール
  • (2023年)8月21日月曜:**高校オープンスクール
    ※高校選択にはオープンスクールの参加は必須だと思います。実際に訪問して雰囲気を感じておきましょう。
     
  • 9月~1月:新発田市(含む下越)の中学校は月1回の業者テスト(模試)が始まる(単元別テストや実力テストという名称)
    ※回ごとに難易度のばらつきが多かったですが、実際の入試よりは1段2段簡単(定期テストよりはやや難)
     
  • 10月:オープンスクールで物足りない場合は、高校の学園祭を見学に行くのも良いでしょう
  • 10月:早めにインフルエンザのワクチン接種をしておきましょう
     
  • 10月最終金曜(2023年10月27日金曜):「入学者選抜要項」「募集人数」発表
    新潟県庁>教育長>高等学校教育課のWebサイトに掲示
     
  • 12月1日~:公立高校Web出願の「志願者情報入力
    ※メールアドレスの登録など。どの高校を受けるか、はまだ先。
  • 12月上旬~:私立高校のWeb出願登録(本登録)
    ※高校ごとに出願システムが異なるので大変ですが1つ1つ落ち着いて進めましょう
  • 12月上旬~中旬:学校で三者面談①
    ※ここでは受験高校の確認、公立の確認をしたうえで、話の中心は「私立はどこを受けるか」
     
  • 1月:コロナワクチン接種
    ※コロナウイルスワクチンは2~3か月ほどで抗体が減少していくそうなので1月に受けるのがベストではないでしょうか
  • 1月中旬~下旬:学校で三者面談②
    ※ここでは主に公立高校受験先の確認・決定
     
  • 1月~:私立高校の入試開始
    ※1月・2月・3月と高校ごとに複数回の入試があります。
    ※明訓高校は2月1日のほぼ一発です。登録など忘れないようにしましょう。
     
  • 1月下旬~2月上旬:公立高校Web出願システムに、受験する高校を登録&受検料納付
    ※中学校によって指示の出し方が異なります。我が家は2月上旬に「2月6日から登録を開始するように」という指示でした
    ※受検料納付はコンビニ払いかクレジットカード決済
     
  • 2月中旬(2024年2月19日月曜~21日水曜正午):出願
    ※中学校の先生が内申書などを高校に提出するもの。過程でやることはなし。
  • 2月中旬(2024年2月21日16:00):第1回倍率発表
     
  • 2月下旬(2024年27日火曜~29日木曜正午):志願変更
    ※中学校の先生が内申書などを高校に提出するもの。過程でやることはなし。
  • 2月下旬(2024年2月29日16:00):最終倍率発表
     
  • 3月上旬(2024年3月6日火曜):本検査(公立高校入試)
  • 3月中旬(2024年3月13日水曜):追検査( 〃 )
    ※追検査は、本検査をインフルエンザ罹患等の理由にやむを得ず受験できなかった生徒の救済措置
     
  • 3月中旬(2024年3月15日金曜):合格発表
    ※合格発表後に、欠員補充の2次試験あり

 

はい、ということでやることたくさんです。中2の12月に入試の日程が発表されるのは案外盲点ではないでしょうか。ちなみに2024年3月現在の中2・・・つまり2024年に中3になる子供たちの入試日程は、2025年3月5日水曜が本検査、なか7日あけて3月13日木曜が合格発表です。曜日の関係でしょうが、合格発表までの日にちが1日短いですね。ちょっとだけうらやましい。

 

 

_

コメントを残す