日: 2012年7月7日

なぞの言葉

http://www.youtube.com/watch?v=T4-_GNj5e0U

言葉遊びみたいなものだと思うんですよね・・・韻を踏んで遊んでいるというか・・・言葉というよりも音、リズムの遊びでしょうか、まだそれほど語彙は無い、語彙が無いからリスニングにも限界がある、けど歌は歌いたい・・・そんな状況の表れかなと。

耳にしたお気に入りの歌を歌いたいが、語彙が少ないからどんな言葉で歌われているかがわからない。けど歌いたくて仕方ないから韻をまねて音の雰囲気だけで歌っているところをよく見かけます。それが転じてこういうところにも出ているのかなと。

ある程度、日常会話に支障が無いレベルまで語彙力がつくまでは続く遊びなんじゃないかなと思います。

七夕の夕飯

これ、娘が作ってくれたみたいです。

もちろん、正しくはお母ちゃんのお手伝いではありますが、ハムの型抜きなどやってくれたみたいですね。

こんなうまい飯、初めて食べました。嬉しいことです(^^)。

七夕

家に帰ってくると、幼稚園で作ったらしい願い事が書かれた短冊が結われた笹がありました。

短冊をみてみるとこう書いてありました。

実はこのセリフ、我が家で短冊を書いたときも全く同じことを言っていたんです。我が家ではそれをお母ちゃんが短冊に書き、幼稚園ではそれを先生に書いてもらい、全く同じ願い事が書かれた短冊が我が家には二枚ある、と言うことになります。

何というのでしょうか、願い事の内容はシンプルで、でも少なからずそれが娘の気持ちなのであればこんなに嬉しいことはないなと。

不器用でも優しい心を持って、損をしてもこの子らしく生きていってくれるような、そんな子になってくれればいいな、そんな風に思いました。