カテゴリー: 県外ラーメン

らぁ麺 はやし田

情報交換をしたのは新宿3丁目のとある喫茶店なのですが、地上に上がってみるとすぐ近くにラーメン屋を発見。酷暑の中ではありますがついふらふら~っと・・・ランチ時を過ぎて外れた時間だったせいもあり客もまばらで大丈夫そうだったので立ち寄り。

麺魚

神保町にあるお店。

駅に向かって歩いている時に発見。そ~っと中を覗いてみると先客は1名のみ、これなら大丈夫だろうということで入店。

あっさりめで魚介系でおいしいのですが、全体的にパンチが弱いというか薄い感じ。「鯛」を使っているらしいですが小骨が入っていたりもしてちょっと残念なところも。


まずかないですが、うまい!と唸るほどでもなかったです。まずまずでしょうか。

郡山市, 地鶏ラーメン ありがとう

郡山市, 塩チャーシュー 1000円

1カ月ほどたってから書き込んでいるので記憶が曖昧ですが・・・スープはまずまず。

麺が細麺ほぼストレート、好みのタイプ。

チャーシューがご覧の通り大きなサイズのものがどかんと乗っかっているので1000円出す価値はそれなりに理解できる。めちゃくちゃ大きいけれども食べにくかったり臭みがあるということは一切ないし、脂身もしつこくなくて食べやすかった。とても良い。

とてもおいしかった記憶あり。また訪問してみたい。何と言ってもお店の名前が良い。その名に応じてなのか、店員さんの対応もとても丁寧、コロナ禍の対応としての除菌やアルコールの準備などもしっかりしていました。狭いお店なので暖かい日はしっかり喚起をしてくれるとなお安心感がありますね!

米沢 龍上海

辛子味噌、880円

久しぶりに食べるとやっぱうまい。うまいんです。こちらの店舗は赤湯本店のような店員さんの雰囲気の悪さもない。コロナ対策もちゃんとやっている。良い。

前回、赤湯本店訪問時にはスープが薄くて食べられたものではない・・・ような記憶だったが、そんなことはなかった。ただ、麺がスープと絡みづらい加水率高めのタイプだから、麺を食べた時に味がしないような感覚になるのであろう、ということがわかった。スープと一緒に麺を食べるようにするとやはりとてもおいしい。

とはいえ、新潟県民の舌に合わせたであろう、辛子味噌の「武蔵」の方が我々新潟県民には向いていると思われる。どちらがうまいという話ではなく、向き不向きかな、と。


メニュー

ますや本店 台新店

郡山市

元 700円+チャーシュー花盛り350円

スープ、めっちゃうまい。節が強すぎずちょうどよい醤油スープ。ほんとうにおいしい。しいて言うならちょいと油が強いくらいか。

麺、細麺、かためをチョイス。多加水系なのかな、よく縮れていてスープと絡んでいたせいかわかりづらかったけれども、加水低めのほうが好みなのでまぁまぁかな。でも細麺はあっている。

チャーシューはバラともものミックス。バラはちょいと臭みがあったなぁ・・・苦手。脂身は多いけれどもそこはあまりしつこくなかった。「花盛り」にするとバラともものミックスしかチョイスができないとのこと。チャーシュー追加を選んで「もも肉」を選択するのがよさそうだ。

麺はまぁまぁだけれども、スープともも肉チャーシューはなかなかうまい。これはもう一度訪問して「ブラックの伝」もしくは「濃いめの新」を食べてみたいものだ。

琴壱

山形県鶴岡市
ちゃーしゅー醤油

鶴岡市の外れに「琴平荘」という旅館がやっているラーメン屋さんがあるそうです。情熱大陸で取り上げられるほどに有名で、平日でもお昼に行って数時間待ちというくらい客足が絶えないお店とのこと。仕事に行く途中にそんな時間を使うことはできないので、今日は同僚に「琴平荘で修行したのれん分けのお店」に連れてきてもらいました。

麺もチャーシューもおいしい!! スープはちょっと薄いので、テーブルにあるスープの素をちょっと足して飲むとちょうど良い感じ。

郡山、くさび

<郡山市>
名前忘れた・・・豚骨醤油の排骨(パイコー)的なやつだった記憶あり

 

会社の後輩のおすすめ?希望?で行ってきました。

久しぶりのラーメンはうまい。

けど食べ終わった後でめっちゃ顔がむくんだ感じになって、「あぁ、やっぱりこれは体に悪いやつだ・・・」と再認識させられました。うまいし大好きだけど、年齢とかいろいろ考えて半年に1回くらいに抑えなければなりませんね。

神田、なな連

鶏そば塩、800円
スープ、少し油濃いめだけどまぁうまい塩。
麺が独特、平太麺。ちともっさりして重たい。スープの油も手伝って全体的に重め。
チャーシュー、三種類くらい入っている感じ。どれもまずまず。

SAMURAI

郡山駅前
しゃも塩+豚チャーシュー、800+250円

スープ、優しい塩、透明系、臭みなくうまみが欲でている。野菜の甘みもあるのだろうか、これはうまい。

麺は細麺、最初は少し粉臭いけどスープにあっている。

基本のチャーシューは鶏、アツサリ、ほぼ味なし系、ほんのりバターの風味、珍しい。途端に洋風な感じがするけれど女子には向いているかな。まぁうまい。

トッピングで追加するチャーシューは鶏か豚かを選ぶことができる。店員のお姉さんのおすすめで豚をチョイス。豚チャーシューは薄切り、これまたほとんど味がない方向、臭みは上手に抑えてあるけど全体的に薄いのでもう少し主張があった方がよいかな。

メンマは太め、大きめの一本もの。素材の味を生かす方向だけどこれはまぁまぁ。良いかな。

おとなしめの店員さんは余計なことをせずにしっかり仕事をしているのは好印象。もう一度きてみたいかな。

足柄SA上り、MORIZUMI

ネギ鹽らぁ麺+チャーシュー、980+150円

店舗情報はこちら

スープ、やさしくてうまみがあっておいしい! 非常にレベルが高いでございますね。マクドナルドを食べ切った娘がこのスープを1口飲んだ後、あまりのおいしさにこのラーメンを食べ始める、という事態。マクドナルドでおなか一杯のはずなのに食べずにはいられないわけですから相当うまいと言えます。わしとしても今年一番の塩ラーメンです。めちゃうまい。

麺、細めややかためのストレート麺。この細さが良いですね。食べるとちょうどよい感じでスープと具材と絡みます。

メンマ、ところどころ筋が強くて食べ切れないのがあってマイナス。ここはもっとこだわってほしかった。

結果的にネギを選んで正解だったと思われます。ネギと細麺にスープが絡んだ状態でがつっとほおばって食べるのがおいしい。最高。おススメです。

正月屋 二回目

焼豚そば、950円

スープ、シンプルな醤油スープ、かどがなくておいしい。

細麺、普通。臭みや粉臭さがないのはよい。

チャーシュー、極力味付けをしないタイプ、臭みがある、臭みなのか癖なのか、このスープだから目立つのだと思うけれども、このスープにするのであればもう少しがんばってほしいかな。

お店にしてみれば完成された味なのだろうけれども、改良の余地あり。

京都、鶏白湯 キラメキノトリ ~ ラーメンショー~

鶏白湯、800円

スープ、まさに鶏白湯。うまい。くさみ、えぐみなどなく、とても飲みやすい・・・飲み干してしまいました。

麺、チャーシューとも、さすが県外に出るだけのことはあるレベル。鶏白湯は安定しているジャンルではあるような気がするけれども、まぁ間違いなくうまい。


出店しているお店の看板。


全体像、こんな感じ。

まずは宣伝が下手。新潟での知名度はいまいちじゃないかな。平日とは言え、新潟一番の繁華街のど真ん中でこの人の数・・・佐味石ですなぁ。

加えて、運営が下手。おいしそうなラーメン屋さんはあるものの、運営側の・店側の都合重視というか、食べるところが会場の両端にしかないので、ラーメンもって結構な距離を歩かねばならなかったり・・・しかもコスパは若干悪目出し・・・珍しいラーメンはあってもわざわざ足を運ぶ意味が分からない。

ただでさえ、地元にはおいしいラーメン屋がたくさんあるというのに。

一燈

2度目の訪問

不思議と1度目の訪問時ほどの感動がない・・・おなかもすかせていったはずなのに・・・なぜ!?


外観

銀座 篝

有楽町駅の地下
並+特製仕様、950+300円

コーンポタージュのような鶏白湯スープ、これはなかなかおいしいですがちょっと物足りない印象も。

麺も鶏チャーシューもまずまず。

トッピングにはヤングコーン、ジャガイモ、ゴボウなどなど入っているが・・・そんなのいらない(^^;。女性を意識しているんだろうなぁと。

トータルではまぁ珍しいラーメンですね、決してまずくないですよ、という印象だけれども、まぁお店のオペレーションが嫌い。まずは遅い、愛想が悪い、柔軟性がない・・・ということでトータルの印象は非常に悪い。二度と行かん。

焼きあご塩らー麺たかはし 銀座店

得製焼きあご塩らー麺、1100円

スープ、確かに香ばしさ?がある。そういうタイプの油?なのかなぁ。不思議。うまいことはうまい。

麺、中太縮れ、香り強め。スープと絡んでちょうどよい。でもめちゃうまいというわけでもない。

メンマ、普通。

チャーシューは二種類、バラと思われる物は普通。薄味、薄いチャーシュー。

まぁうまい。けど絶賛するほどではないかな。オサレなラーメンね。

麺恋処 き楽

さてスーブ、ちと薄い感じもあるけれどおいしい魚介すーぷ。

麺は中太ストレート、加水多め、つるっとしたはごたえ。

メンマは味しっかりめ、歯ごたえかため。

味玉、味薄目、かため。

チャーシュー、これはうまい。薄目の味付けだけれども適度な歯ごたえ、厚みがあって食べ応えあり。これだけ分厚いのに臭みがまるでない。


大絶賛するほどではないけれどもうまい。好み。スープの薄さが気になるのと新橋駅から遠いのとで減点要素は多めだけれども一度は足を運んでもよいかなと。

なお、訪問したのが13:45頃でしたが、機械の故障のため14時開店とのこと(写真参照)。タイミングが悪かったような良かったような(^^;。そんな感じである程度、客を待たせた割には、ウェルカム感もなければお詫びする感じもなく・・・あんまり雰囲気良くないなぁ。

あべ食堂

福島県喜多方市

さて、スープ、しょっぱ薄い?コクがあまりない?

麺、モチモチの中太縮れ、なるほど、スープと絡むとうまいかな。

チャーシュー、普通。脂身はそれなりに臭みあり。苦手な奴。

これが食べログで3.5かぁ。確かにワシは喜多方ラーメンが得意ではないけれども、ここのところあたりだったので気を緩めてしまったかなぁ。老舗的な喜多方ラーメンはやはり苦手、好みではなかった(^^;。朝ラー文化だから、というのもあるのかな、朝からそんなこってりしたしつこいの食べてられないものねぇ。

ちなみに到着した午前10時半には暖簾がかけられておらず、たまたま並んでいた先客に聞いたところ、「いったん閉じたけどまたすぐに開くみたい」という答えがあり、そこから10~15分ほど待ったところ再度開店、という不思議な営業形態・・・まぁねぇ・・・こういう不親切な感じもわしゃ苦手。喜多方ラーメンというブランド全体で売っているのだからもう少し客のことを考慮した営業をしてほしいもの。


これがメニュー。シンプル。

おかむら

郡山市
濃厚塩鶏そば、950円

スープ、うん、まぁ濃厚。まぁ塩。まぁうまい。

麺、小麦の粒が見えるタイプ、細麺やや縮れ、堅め。これはうまいな。

味玉、薄めの味、このスープだとこれくらいがちょうどいいかなと。

鶏肉のチャーシュー、普通。なんかどっかで食ったことある感じ。

メインのチャーシュー、こりゃうまい。周りにペッパーがふってあるのも良いアクセント、でもこの鶏スープにはちと合わないかも。うまいけど。

店内はこぎれいにしてあるがセルフの水を飲むコップをおいてあるところなどをみると、行き届いてはいない。あと、店員がうるさい。接客は丁寧なんだけどねぇ・・・いろいろとまぁまぁ。

いづる

東京都芝大門

濃密な煮干し、880円

↑ 味玉付きの値段で、それを注文したと思ったんだけど・・・勘違いかな?

スープは今はやりのどろっとしたポタージュ系。まずかないけど蒲田の宮元にはかなり劣る。

麺はかなり固め。もうちょっとやわくてもよい。

チャーシュー、うまい。チャーシュー追加したかったけど食券機では売り切れの状態。1人ですべてやっているみたいだけど追い付いていないのかな。残念。

替え玉ができるみたいなのと、替え玉じゃなくて・・・みんななんて言ってたのかな・・・和え玉?みたいなのもあるみたい。聞けばよかったんだけどなんか聞きづらくてね。壁に説明が貼ってあるわけでもなく。もうちょっと親切だとありがたいかな。


店の前。

とん、と食券機があるのみ。もうちょっと親切だとね。ありがたい。

龍上海 赤湯本店

山形県南陽市赤湯
辛味噌ちゃーしゅー、1150円

相変わらずの接客態度、回転重視で客なんて後回しの残念なお店ですが、うまいのですよ。うまい。

微妙なニュアンス、麺とのバランスなど、どれをとってもさすがは本家、新潟にあるぱくりのチェーン店とは違います。悔しいけれどもうまい。

一緒に行った後輩が言っていましたが、「スープのやめどころが難しい」というのがまさにそれを表していますね。これで雰囲気が良ければ最高なのですが。


前回訪問から時間がたってはいますが驚くほどお店がきれいになっていますね。開店の10分前ですがこの行列。車のナンバーも県外が多いくらい。大したもんです。