カテゴリー: 風のこと

風さん、2回目の命日

(記事を書いているのは8月24日)

さて、風さんが旅立ってから2年が経ちました。今でもまだ日々、会話の中で風の話題は絶えません。そんな時、娘はどんな気持ちで聞いているのか、若い人間の気持ちは掴みづらいですが、あまりにも風さんの話ばかりするのは娘にとって嫌な思いになっていないか・・・という心配はありつつも、どうしても話題に挙げてしまう親2人ではあります。

例えば、娘にとっても風という存在は相応に大きなものだったはずで、兄弟姉妹のいない娘ですからすぐ隣にいる存在として風はかけ外のないものであったに違いありません。だから、風を懐かしんで思い出すことは良いことではあるでしょうが、場合によっては娘にとってふさがりかけているところにまた傷つけてしまうような、そんなことになっている可能性もゼロではないだろうな、という視点です。

娘は親についてとても気を使ってくれます。親が平常であるよう、いろんなことを我慢してくれるような、それで家族全員がいつも笑顔であることを優先してくれるような、そんな優しさがとても強いと思っています。だから、我慢しすぎるところもあるとも感じていて、そこが心配でもあるのです。その意味で、風の話題になることでもしかしたら娘は傷ついているかもしれないのに、親が話をしたいのであれば仕方ない、というような視点でその会話を我慢して聞いてくれていたりするのかもしれない、という可能性は常に考えておく必要があると思っています。

それでも、やっぱり親2人の会話から風の話題が減って・消えて・・・ということは考えにくいことではあるので、気を付けながら風のことをしっかりと思い出していけると良いなと思っております。

 

そのうえで。やっぱり風のことを思い出す日々が続いています。寂しいですね。あえてここに風の記事を書き込まないようにすることで、ちょっとずつ思い出の一部として、吐き出さなくても大丈夫なようになっていくかなとも思ったのですが、日々、風のことを考えます。寂しさ・いろいろな後悔が消えることはないんだなと。

一方で、いつまでもそれだけではダメなので・・・風もあの世で安心できないと思うので、そうならないようにも気を付けてはいるつもりでもあります。実際、そんなに落ち込んでばかりいるわけでもないですし。ただ寂しいのは寂しい、亡くなった日の朝に風を置いて仕事に行ってしまったことへの後悔、これだけはどうしても消えない、ということです。

 

ということで、いろいろな思い・思い出・家族の関係などありながら、そういうのを全部含めて我が家は何とかまわっています。風には天国からそんなところを見ていてもらいたいと思っています。以前ほど喧嘩はなくなりました。でもそれは娘の我慢で成り立っているのかもしれません。だとすると、それはそれで風さんの本意ではないのかもしれません。「私の妹にあんまり我慢させたらダメよ!」なんて怒っているかもしれません。ずっと妹のそばにいて、ずっと妹の面倒をみようとしていた風ですから、そこはとても心配していると思います。

だからこそ、最初の部分になるのですが、娘に必要以上の我慢をさせないように、風の話題に触れるタイミングとかはもうちょっと気を使ってもいいんじゃないか、という考えに至るのです。我々からではなく、娘が話題に触れる時まで親からは動かない、くらい。中学生になった娘が家にいない時間も増えてきたわけで、親としてはそういう時間をうまく使うこともできるわけですからね。

そんなことも含めて、我が家にはまだまだ・・・これからもずっと風がいるんだなと。そんなことを思う近頃でございます。

風を偲んで冬鳥越

風さんを連れて家族で何度か訪れた冬鳥越、コロナ禍ではあってもそれほど人ではないとふんで訪問。案の定、誰もいません(^^;。よかった、一安心。

娘がまだまだ小さいころもそうですが、まだおぼつかない足取りで斜面を登っていく娘を、年をとった風さんが頑張って追いかけていったのを思い出します。

2年ぶりくらいの訪問だと思います。あの頃はまだ風さんも一緒でした。ということで風さんを偲んで家族で斜面を頑張って登ってみました。

娘の図工作品

娘の版画作品。風さんを選択してくれたことが嬉しいじゃあないですか。

普段はあまり表には出しませんが、兄弟姉妹がいない娘にとって、やはり風さんは特別な存在なのだろうと思います。

時々、風さんが元気だったころの写真や動画を見るのですが、娘に寄り添う風さんとか、娘に寝かしつけられる風さんとか・・・とても仲良しなものがたくさん残っていて、ほっこりするんです。

そんな2人の強いきずなを見せてもらった感じです。

そしてこの版画、風さんの写真などを見たわけでなく、ノールックで作ったらしいのですね。娘のなかには風さんの面影がしっかりと刻み込まれているのだな、とそれも驚きました。とっても嬉しい瞬間でした。

初盆が終わります

現在、日付が変わる直前。初盆で帰ってきた風さんが今日いっぱいはまだ家にいるのではないかと考え、お付き合いしようかと思ったからです。

 

Continue reading “初盆が終わります”

迎え火的なヤツ

チャレンジしてみました。風さんが迷わず帰ってこられるように。

風さん、1年。

風さんが旅立ってから1年が経ちました。

Continue reading “風さん、1年。”

位牌

素敵な位牌が完成しました。風の左前脚の写真を撮ってもらい、実際のサイズも測ってもらってこの柄が完成しました。

文字のフォントは娘が選びました。

高価なものですがとても良い記念に、思い出になります。

こうやって改めてみると風の足はおっきかったんだなぁと。小さいころ、初めて我が家に来た頃、相棒と「足がおっきいね!」と話をしていたのを思い出します。

お花をいただきました

風の故郷、カーマインさんからお花までいただきました。ありがたいです。祭壇のわきに飾らせていただきました。

祭壇には遺影があるわけで、そういうのを見るのが好きではない方もいるでしょうから・・・そんなに不特定多数の方が訪れるようなブログではないのですが・・・そのあたりは配慮してここには掲載しないでおきたいと思います。

なもんで、全体感はわかりづらいですが、こうやって風を送り出したいと思っています。

日々雑感~風のこと~

改めて、いろいろと風のことを書き連ねます。

 

Continue reading “日々雑感~風のこと~”

風が旅立ちました

<2019/7/12に書いています>

2019年7月11日、風が天国に旅立ちました。

まずは風を譲ってくださったカーマイン様に改めて感謝を申し上げます。16年という長い間、私をはじめ家族を愛し続けてくれた風、こんなに優しい子を預けていただいて本当にありがたかったです。ケンカもしましたが、風にたくさん心を満たしてもらいました。

また、これまで風にかかわってくださった多くの皆様、その皆様がここを見ていただいているわけではないのですが、その皆様にも感謝申し上げます。

思い出はとてもではありませんが書ききれませんので、我々家族の心の中にしまっておくことにします。取り急ぎ近況のみ簡単にご報告させていただきます。

Continue reading “風が旅立ちました”

相棒撮影 朝の鼻出し風さん

(2021/10/28記載)

朝のひと時、こういうタイミングをとることができるのは早起きの相棒だけですね。鼻だけ出してぬくぬくと寝ているのが風さんらしいのです。

風さん、妹にもあごを置く

(2021/10/28記載)

こんな感じ。仲睦まじい。風さん、痩せてがりがりになってしまっていますが、だからこそ信頼している妹を頼っているのではないだろうかと思います。

風さん、あごをおいて寝る

せっかくの月曜日、お父ちゃんとままったりできると思っていたら置いていかれてしまった風。

昼過ぎに帰ってきたお父ちゃんとしばしまったり。

最近は一緒にいるときはできるだけぴったりくっついてお父ちゃんの体にあごを置いていることが多い風さん。甘えているのでしょうか、体で息をしているのがつらかったりしなければよいのですが・・・。

妹枕でまったり風さん

嬉しいんでしょうね。ほっとしているというか。

何とも言えない姉妹2人の間のきずなのようなものを感じます。

妹で寝る風

わしが出張で東京に行っているときの夜の風景。相棒撮影。

仲良しさんです。

風さん、くるまれてます

ちょっといたずらしたみたいになっていますが・・・風さん、前よりも体温が下がっている気がするんです。あったかいんですけど、熱くないというか・・・だから、気温が少し涼しいくらいだと、こうやってあげておいた方が良いのではないかと。かけたりとったり、様子を見ながら、です。

お父ちゃんとねんね

相棒撮影。

お父ちゃんの昼寝にお付き合いしてねんねしてあげるのです。

お父ちゃんに乗っかってます

ぼんやりしていることが多くなった気がします。息をするのが大変なのか、体を使って頑張って息をしている感じです。こんな小さい体で・・・とかわいそうに感じますが毛艶はピカピカでまだまだいけるぞ、という感じ。

しばしいっしょにまったりします。

今日はここで

我々が寝るまでの時間、一人先に布団の上でひと眠りするようです。穏やかな寝顔ですね。

疲れました

お父ちゃんとお母ちゃんの買い物に付き合わされて疲れた風さん。一人は嫌だけど疲れるのも嫌・・・おばあちゃんだし・・・。ちょっと悪いことをしてしまったかなぁ、と反省。