日: 2013年5月3日

締めはすき焼き

今日は相棒実家に一泊なり。夜はじいじ、ばあばとすき焼き。

娘にしてみれば長いドライブで疲れたところもあるかもしれませんが、いろいろと楽しい一日だったのではないでしょうか。最後においしい夕ご飯をごちそうになって大満足の一日でした~(^^)。

ふわふわ

引き続きいいでの里。フワフワ10分無料なり。こりゃあいい。

トンネル点検車

帰りの道中、道の駅いいでの里にて。体験乗車させてもらえました。

10mもの高さまで上ります。一応ちっこいですが、相棒と娘が写っています。わしは高いところが怖いので撮影係ですm(_ _)m。

龍上海 米沢店

山形県米沢市
辛味噌ちゃーしゅう/1000円

まぁうまい。ほんとうまい。

米沢まで来ておいて米沢牛じゃねーのかよ!?とツッこまれそうですが・・・ラーメン好きなおやじと娘なのでこれで良いのです。

だって本当においしいんですもの。龍上海・・・。

新幹線つばさ発見!

米沢駅にてつばさ発見!

娘と一緒にテンションあがりました(^^)。

米沢駅

これからお昼ご飯なり。

林泉寺

娘をだましだまし、林泉寺までたどり着きました。会社の上司にぜひいっとけと勧められたところ。

ご存知の通り新潟県民、越後の民にとっては上杉謙信は越後上越春日山の武将です。上杉家は景勝の大になって豊臣家の家臣となり、次いで徳川家の家臣となるわけですが、その流れの中で会津から米沢へとその居住の地を移していくことになります。

結果、米沢には上杉神社があり、このゴールデンウィークには1週間近い日数をかけて上杉祭りが開かれ・・・となっているわけでございます。また、大河ドラマで人気を博した直江兼次公の菩提寺が、ここ米沢にある林泉寺であるあたりも手伝ってか、米沢=上杉のイメージが広まって今日に至る、ということでしょうか。

しかし、面白いことにこの米沢にある林泉寺は「春日山林泉寺」と言い、越後上越は春日山にある林泉寺を本体?としているかのような表示になっているのですね。その点は上杉氏初代の謙信公の出身である上越への配慮が伺えます。それでも、謙信公の墓所は米沢にある春日山林泉寺ですから、そのあたりはちとややこしいところではあるのですねぇ・・・。

新潟県民としては上越春日山こそ謙信公の・・・と言いたい所ですが、謙信公の上越、景勝公以降の米沢・・・と共同して盛り上げていくことができたらよいのではないかと思ったりもします。

で。

大河で一躍有名になった直江兼次公ですが、その奥さんである「お船(せん)の方」とはとても仲が良かったそうで、あやかろう、てなわけで直江兼続公のお墓でお参りをしてきたしだいでございます。

ちょうど満開。見頃なり。

娘の目的、親の目的

当然のことながら、娘はどんなところに連れて行かれているか良くわかっていません。わかっているのは「お祭りだ」ということ。お祭りとなれば「露店」なわけで、露店となれば「何か買ってくれ」となります。決まってます。

親としては米沢くんだりまできているわけですから、露店もそうですがそれなりに雰囲気も楽しみたかったりしているわけですが、そんな気持ちが通じるはずも無く・・・「何か買って良いの?」のせりふとともに物色を開始、結果選んだのが「水笛」・・・これが欲しいんだそうです(^^;。

上杉神社

米沢市内中心部に近づくと交通規制がされていてなかなか近づけず&さすがに車の量も多くて渋滞気味。・・・が、そこは今まで何度か訪れた経験がものを言います。駐車場の在り処は頭に入っていますのでそこまでの通路を、スマホのマップ=GoogleMapに頼りながら進んでいきます。普通なら絶対に通ることの無いような細道を通りながら、無事駐車場までたどり着きました。

そして上杉神社はお祭りちゅう?(^^)。肌寒いですが満喫します(^^)。


とりあえず露天を通り抜けて神社まで。

道の駅いいで

順調に進んで道の駅いいでの脇を通過。鯉のぼりが泳いでいます!!

ここから道を右に折れて米沢方面に向かいます。

朝マックでお出かけ

今日は朝もはよから米沢に向かいます。

二年に一回くらいおじゃましていますが、米沢祭りを見に行きます。今日3日はお祭りのメインともいえる日でかなりの混雑になると思われますが、せっかくのGW、それも含めて楽しんできます(^^)。