6月 192018
 

父の日のプレゼントをまたもやもらいました。無印の小物ケース、ベロア風味。

本来は眼鏡ケースのようですが、万年筆がちょうど2本収まるサイズ。最高。これならデスクの上で傷つく心配も減少。

これを自宅・書斎用と会社用とで2つ買ってもらいました。ありがてぇ。


これ。590円。

6月 182018
 

娘作成、二度目のクッキーアイス。

オレオが結構甘いけれどもアイスと合わさってちょうどよい。うまい。

6月 182018
 

This content has restricted access, please type the password below and get access. (このカテゴリを閲覧するにはパスワードが必要です)

6月 162018
 

焼豚そば、950円

スープ、シンプルな醤油スープ、かどがなくておいしい。

細麺、普通。臭みや粉臭さがないのはよい。

チャーシュー、極力味付けをしないタイプ、臭みがある、臭みなのか癖なのか、このスープだから目立つのだと思うけれども、このスープにするのであればもう少しがんばってほしいかな。

お店にしてみれば完成された味なのだろうけれども、改良の余地あり。

6月 132018
 

びみそちゃしゅう、800円

※メニューに書かれているものをそのまま記載。「”び”味噌」と「”あ”味噌」があります。チャーシューではなくちゃあしゅうでもなく「ちゃしゅう」です。

スープ、臭い、なんだこれ。目の前にどんぶりが置かれた瞬間、味噌の風味ではなく、納豆のような臭さが先に漂ってくる・・・下手するとドブの臭い・・・もうかなり食欲が失せる。

スープはこってりといいながら濃厚ではない感じ。日本語難しい。味は濃いめだけど、スープのとろみとでもいいましょうか、「とろん」とか「どろん」とするような、麺にまとわりつくような濃厚さはなく、液体としては「しゃばしゃば」な感じ。まずくはないけど、初対面の「臭い」の影響があり癖が強い印象。

麺、ほそめん、べちゃっとした食感。べちゃっと書くとこれまたダメに見えるけれどもそれほど悪くない。むしろ意外とありかも。

チャーシュー、うまい。醤油の味付け、むかしながらのそれだけれども臭みがなくて分厚くて量も多くて満足感高い。量は本当に多い。麺と一緒にチャーシューを多めにほおばって食べたけれども最後はかなりチャーシューが残った。これで800円はリーズナブル。

お店の感じもよくて良い雰囲気なのだけれどもわしゃ苦手。

6月 122018
 

ルーズリーフです。私、ルーズリーフ否定派です。なぜなら、小中高校生くらいで、ノートをとったルーズリーフをしっかりと管理できる人間は少ないからです。

ルーズリーフにノートをとる、カバンにしまい込む、どこかにいく、無くす・・・終わり。

だから、大学受験までは、よほど管理がしっかりできる計画的で自分に厳しくて時間の使い方がしっかりしているようなそんな人間でない限りノートを使うべきだと思っています。

で、わし。まさに上に書いたような人間で、メモを取る、メモがなくなる・・・終わる・・・ということがしょっちゅうあります。かといってノートにすると、終わった仕事がそこに残っていくことでそれはそれで管理ができなくなるのです。まぁダメな大人。

ということで苦肉の策としてたどり着いたのが結果の1つが万年筆なのです。力を入れずに書けるから、自分のような雑な書き方でもなんとか書ける。そしてもう1つの結果がルーズリーフで、これは1枚に1つの要件・案件だけを書くようにして(もったいないですが)、終わったらそれを捨てる、という付箋ような使い方をすることにしたのです。

付箋代わりのルーズリーフ、ってとこですね。デジタルに頼ってもみましたが、やはりメモを取るのはデジタルでは難しいです。現状では。だからどうしても紙とデジタルが混ざる・・・時間に余裕があるときはそれでも何とかなるのですが、そうではないときのほうが多い。なもんで、メモと頭の整理に関しては神に戻そう、ということにしました。

 

で「ジウリス」ですが、これは万年筆で書くにはとても良い高級ルーズリーフ、ということでネットで情報を見つけたもんで一度使ってみたかった・・・というそれだけです(^^;。確かに書き午後値は素晴らしく良いですが、ここまで良い髪を使う必要はありませんね。

maruman(マルマン)の、「書きやすいルーズリーフ」の「A4 7mm方眼」あたりがちょうどよいですね。

6月 112018
 

ようやく来た。宣言から1か月半。長かった。

アップデートを終えて感想、顔認証以外違いが判らん(^^;。しかも、Simフリーで発表されたP20(無印)がただひたすらほしい。困った。

6月 102018
 

テレビでやってたやつをまねして作ってみました。なかなか高評価で、確かにうまいことできましたが・・・それなりに原価がかかってしまっているので手放しでは褒められないなぁ・・・家で食べるのにこれでは・・・。

次はもうちょっと工夫して、リーズナブルなグザイを使ってうまいこと作れるといいなと。味は良かったと思うので・・・テレビのまねっこですが。

6月 092018
 

無事、小野万年筆さんにお願いした調整から戻ってきた我が万年筆。

「4週間」という連絡をいただいたのち、4日で戻ってきました。記載ミス?・・・あまりの速さに逆に驚いてしまったけれども、もちろんこれは嬉しい誤算。

早速書いてみると書き始めはインクフローが潤沢すぎて「太すぎない!?」と驚いたけれども、しばらく書いていると安定してきました。非常に良い感じ。

大切に使っていきたいですね。

6月 092018
 

朝から近所の公園2カ所でカイオーガが同時出現。

2カ所ともまわるのだ!!


結果、2連勝、2匹ゲット、2匹とも驚異的、と朝から最高の結果。

娘のカイオーガ愛が炸裂した模様。

6月 082018
 

This content has restricted access, please type the password below and get access. (このカテゴリを閲覧するにはパスワードが必要です)

6月 052018
 

娘の発案でやってみた。

ビニール袋にオレオを入れて硬いものでつぶす、ある程度砕けたところでアイスクリームに振りかけて食べる。めちゃウマい。

6月 052018
 

万年筆を送って約1週間、待ちかねていたお返事がありました。

5月30日に普通郵便(定形外)で送付、6月1日に先方に到着したはず・・・からの週末をはさんでさらに2日待ってのお返事でした。

内容はおおむね以下の通り。

  • 調整(修理)可能
  • 「ペン先の締り過ぎとペン先の調整不足(イリジュウムの左右の大きさが違う)」

とのこと。パーカーの品質にはばらつきが大きい・・・というか最近はそういうメーカーが多い、なんていう話も目にしていましたので「お前もか」とがっかりしたのと、「調整可能」のお返事をいただけてホッとしたのと。

金額を支払ってから4週間程度で返却とのこと。思ったより時間がかかりますが、ここは大人の趣味の延長として気長に待つしかありませんね。メールの返事をいただいてすぐに支払い完了したので6月末には戻ってくるでしょうか。

戻ってきて早速使うのが楽しみですね。どんな書き味になって戻ってくることやら。

6月 042018
 

仕事していたのですが、すぐ近くに座ったおばさんの声が大きくて中断。イヤホンを持ってこなかったことが敗因。
しかしこのおばはん、口癖が「ね!」のようなのですが、ワンフレーズごとに大人が子供だとか耳の遠い年寄りに強く言い聞かせるような感じで「ね!ね!」と仰られる。非常に耳障りである。

会話の相手は慣れているのだろうが、かなり抑圧的な話し方で気になって仕方ない・・・いろんな人がいらっしゃいますな。

一通り話をされてどこかに行ったようなので仕事再開。今日は15時までには家に帰って娘を待つ。

6月 042018
 

新潟市
排骨タンメン、900円

群馬発祥のラーメン屋さんとのこと。群馬出身の知人からの強い勧めもあって訪問。スープ、うまい。濃厚で、炒めた野菜のうまみが凝縮されている。これ、本当に好み。

排骨、カレー風味か、カレーはいらないけど、歯ごたえなどこれまた良い。少し堅めだけど臭みがなくて食べやすい。食べていて空きが来ないようにもこれはあった方が良いな。

麺、平べったい縮れ。スープと絡んでうまい。

炒めた野菜が大量、モヤシはしゃきしゃきしていておいしい。とても大量。満足感が高い。

それなりに並んだけどはけるのは早い。けと、行列さばくのをまう少しうまくしてほしいかな。外で放置されてるとどうしていいかわからないときがある(^^;。

もう一度訪問したい。

6月 032018
 

相変わらずいろいろと頑張っている娘にご褒美。

これはおいしかった。数量限定とのことなので、興味がある人早めにどうぞ。でも、これが260円っていうのはちょっと・・・高すぎますなぁ。コスパ悪い。

Top