オフロスキー

買ってきて以来、全く興味を示さなかった「オフロスキーになれるバスローブ」。

今日突然日の目を見ました!!

マントみたいで気に入ったのかなー。

◆GW最終日・・・この記事の1日前になる5月6日。天気がよかろうが悪かろうが、その日は会社の皆さんと交流を・・・ということで相棒にお願いをして一人で競馬場に行く予定でございました。

◆すると、お父ちゃんがお出かけだ、ということを聞きつけた娘が「自分も行く!」となってしまい、結果としてあれだけ天気が悪い中、あれだけの人ごみの中、娘を連れて行くことになってしまいました。天気が良ければ公園で遊んだり芝生を走り回ったりできるのですが、天気が悪い競馬場なんてただの人ごみでしかありませんから、あまり良い結果にならないことは目に見えていました。

◆そしてそれは相棒にとっても同じこと。そもそも競馬や賭け事には全く興味のない人ですから、競馬場に行く、しかもわしが会社の人と話し込んでいる=相棒は娘の相手とご機嫌取りをひたすら続けなければならない・・・最悪の流れですね。

◆さらにさらに。
娘が5日くらいから鼻水が出るようになっていて、風邪かなぁ・・・というような具合だったので、本当であればGW最終日は家でゆっくりしていてもらうべきでした。それがあの天気での外出、しかもあれだけの人ごみ・・・ですから体に良いわけがありません。なんともはや・・・娘には申し訳ない・・・けど会社の人たちとの約束が最優先・・・相棒は疲れがたまるだろうな・・・けど会社の人たちとの約束が先だったし・・・というなんとも苦しい状況でした。

◆結果。6日の夜、鼻が詰まって寝づらそうにしている娘。短い間隔で目を覚ましては泣きたおします。しまいには38度近くの熱をだし、アイスノンを持ち出して大騒ぎをする始末。こりゃあGW明け初日は幼稚園にいけないな、という状況でした。幸い、わしは日月休みなので6日はまだもう1日お休みですので、医者に連れて行ったりは全部やることができます。そんなこんなで朝を迎えました。

◆6日の朝。熱を測ってみると奇跡の36.8度。鼻水はずびずびいってますが、体調は悪くなさそう&本人は幼稚園に行く気満々。幼稚園の先生にちゃんと報告&確認するという前提で幼稚園に行くことになったわけです。

◆帰りはわしがお迎えだったのですが、鼻の具合はそれほど悪くもなく、元気よく帰ってきました。一安心。その後、かかりつけの耳鼻科に連れて行ってお薬をもらい・・・これがとても時間がかかってしまったのですが・・・何とかなが~いGW初日が終わったことになります。よく頑張ったね、と褒めてあげました。

◆娘、お母ちゃんが大好きすぎて、お母ちゃんがいる時といない時での態度がまるで全く違ったりします。相棒がいると甘えん坊で甘えん坊で・・・それが相棒がいないとずいぶんと大人びた雰囲気で、しっかりということを聞いてやるべきことをやります。まったくごねたりはしません。耳鼻科で1間半ほど待っている間も「まだぁ?」なんて言いながらもちゃんと待っていてくれます。そういう「ちゃんとしていること」の反動が全部お母ちゃんに向かっているのだと思います。母親の役割、大変だと思いますが頑張ってますね、相棒は。

コメントを残す