薬おいしくない~

◆さてさて、先週から続いておりました我が家の夏風邪騒動・・・アデノウイルスの襲来・・・も最後の患者であるわしの出社でひと段落と相成りました。ご迷惑・ご心配をおかけした皆様には改めて感謝感謝・・・でございます。

◆とても勉強になりましたのが、このアデノウイルス、一般的には「プール熱」と呼ばれたりしているものですが、いわゆる「夏風邪」を引き起こすウイルスとして有名であるようです。何せ、「50種類ものパターン」があって、それによって症状も変わってくるというのが特徴の1つ。重度のものは「肺炎」にまでなる可能性もあるみたいです。それから、「抗体ができづらい」ものということで、ワクチンもなく、り患した場合は「頑張るしかない」という精神論・対症療法しかないのが現実のようです。

◆わしの症状は37.5~38.5の発熱が3~5日間続く、というものでして、まさにその通りの症状でした。解熱剤(かろなーる)を飲みますと一時的に熱は下がるのですが、また熱が上がってきます。また解熱剤入りの総合感冒薬(PLなど)を飲みますと、風邪の症状は落ち着くものの熱は一切下がりません。これは結構応えます。

◆「頑張るしかない」というのも、最初のお医者さんがちゃんと説明してくれれば納得して頑張れるのですが、

 ・新発田市休日診療
 ・近所のかかりつけ医さん
のいずれも、ちょっとした問診だけで聴診器すら当てず、「薬を処方します」で終わりだったもんで、「不信感100%」でした。で、納得がいかず相棒が子供のころからお世話になっているお医者さんのところに行ったところで「アデノウイルスだよ」と言われ、「頑張るしかない」ことに納得できたのでした。

◆そのせいもあってか、その翌日には熱も下がり、快方に向かい、ようやく本日の出社までこぎつけることができた、ということです。まぁ、怖いですね「アデノウイルス」皆様もお気をつけあれ!!

コメントを残す