秀逸な訛りかた

http://www.youtube.com/watch?v=5zqeZ7hCuUU

◆ナガネギマンのそもそものキャラクターを知りませんので相棒のナガネギマンがどれほどのものかは判定できませんが、相棒自身に染み付いたもので再現するナガネギマンの訛りは秀逸です(^^;。

◆特に、ナガネギマンが語尾に使う「~~ネギ~」の部分にこめられた微妙な表現は、その鉛を母国語として育った人間にしかできない、わからない特徴的な表現になっております。もはや同じ新潟県の出身とは思えないほどです(^^;。

◆とまぁ大げさに書きましたが、新潟県下越のほうのしかも山の方は確かにこんな訛りをしますね。わしのばあさんがそんな話し方でした。しかしまぁ、これが娘に移ったら・・・ちょっと心配ですね~(–;。

コメントを残す