新発田病院

昨晩からの娘の発熱。

午前中にかかりつけのお医者さんに見ていただき、帰宅後に解熱剤を飲んだことでいったんはある程度は下がったようなのですが、すぐに上昇、夕方には39度台まで上がり、その後は40度台に突入したとのこと。

その情報が入ったので少しだけ早上がりをさせていただき、あと少しで家・・・というところで、娘の意識が朦朧としてきたという情報。言葉で聞くだけなら「熱の影響かな」と思うのですが、実際に家に帰ってみると、脱力して目はとろ~んとして、視点が定まっていない様子。パッと見て「これはまずい」と感じさせる状況でした。

すぐに抱きかかえて車に乗せて新発田病院の急患へ。慌てていたので何時くらいのことかすら覚えていません・・・。

まずは熱を下げるために点滴と座薬、となったのが20時40分くらい。検査のために採血、検査が終わって・・・その間、救急車が到着してその急患の方の対応が優先され・・・とバタバタしつつ、原因がはっきりしないということで入院が決まりました。

22時頃でしょうか、ようやくわずかですが熱が下がったことで眠りに入った娘。それでも、意識はまだはっきりせず、声を出す元気すらありません。ただ、ちょっと目が覚めたところで入院が決まったことを伝えると、目からハラハラと涙が・・・。ほんと、胸が締め付けられる思いでした。

22時半過ぎになり、ようやく病室へ。普通の病室かと思ったのですが、深夜ですものね・・・まさかの集中治療室でした・・・。あの薄暗い中、様々な機器の青白い光が広がっているさまは(言葉は悪いですが)異様な光景で、あそこにいるだけで精神力が削がれていく感じすらしました。

取り急ぎ家に戻り、入院に必要なものを思いつく限り鞄に詰め込んで送り届け、再度家に戻ったのが23時半過ぎ。風呂に入ったりいろいろとやって、眠ったのは26時頃だったでしょうか。

娘の苦しさ・つらさに比べればたいしたことではないのですが、さすがに疲れました・・・ほんと、娘のことを思うと、生きた心地のしない数時間でございました。