風の思い出とともに

娘=妹は風=姉の臭いのついたブランケットをまとって寝ています。

夜、テレビを見たり3人でくつろいでいるときもこのブランケットを抱きしめて風の残してくれた臭いをかいで風を感じているみたいです。

お母ちゃんがとても悲しんでいるのを見て強がっているのか、むしろそのおかげで冷静でいられているのかはたまたこういう性格なのか・・・まだ今の段階ではどのような気持ちでいるのかはわからない部分が多いですが、娘なりに解釈しようとしていると思われます。

寂しいのは間違いないのだろうなぁと。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください