Docomoのギガホ、ギガライト・・・やはりよくわからん

新プランが発表になりましたが、複雑ではありますのでちょこっとDocomoショップまで行って話を聞いてきました。結論からいうと「安くはならない」でした。

さて、我が家の条件。

  • 相棒が機種変の割賦が残っている。
  • 5分無料の通話プラン。(カケホーダイライト?)
  • パケットは2人で5GBが余る。(前月は2人で3GB)
  • Docomo光を契約している。
  • 光とか本体の割賦を除き、長期割引を反映させたりすると2人の月額は9500円くらい。

こんな感じ。

 

重要なのは、「新しいプランに変更すると本体の割引が無くなる」ということです。相棒の方が月額2000円ほどの本体代金の値引きが残っているため、これが無くなる=その分割高になるのです。あほらし。

もう1つ、「新しいプランでは家族で分け合うことができないし、翌月への繰り越しもできない」ということです。正確には、タブレットのデータ専用の場合は分け合うことはできるけれども、電話として使う場合は分け合えないという事のようです。

さらに、「家族で契約する人数によって値引き額が異なる」というややこしさがついてきます。ギガホ5,980円は家族3人以上が契約した場合なので、我が家は必然的にギガホ契約をすると6,480円なのです。ギガライトも、契約人数と段階によって細かく値引きが決まっていて、1GB未満だと値引きがなかったりもします。相変わらずややこしいわ。落とし穴ばかりやん。

さらにさらに、「今、表に出ている金額は、申し込んでからの6か月間限定の値引き金額ですよ」ということ。6カ月が過ぎると500~1000円高くなります。これは騙される人が増えそう。

 

ということで、もう少しよく情報を集めてみたいと思います。例えば、

  • 相棒は割賦が残っているので今のプランのまま、パケットをシェアパックではないものにする
  • わしは割賦が残っていないので新しいプランに変更する&ギガホにしてタブレット用Simを持つ(+1000円で30GBを一緒に使う形)形にしてこれを娘のスマホにぶち込む

ということもできるようなので・・・そうすると少しは整理整頓できるだろうか・・・まぁややこしいですこと。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください