寝る前の書写:風塵抄 2019/11/14

文房具  Leave a comment

久しぶりに読んだ。この年齢になって改めて思うことがある。

途中適度に端折っていますが・・・年齢を重ねてコミュニケーションをしながら、裏側でいろんなことを思い浮かべながら話をするようになっている自分がいる。

結果、あれこれ考えて伝えようとしてうまく言葉がつながらなくてしどろもどろになってしまう、というようなことも度々ある。

「練度の高い正直さ」。

とても染み入る言葉だ。年を重ねて色々なものを身に着けてしまった今だからこそ、練度の高い正直さを求めていくべきだ。