12月 131999
 

2017/9

もちろん「うんこビル」と言っていましたが、やはり気になりますよね。

これもせっかく撮影に行ったのであれば「もうちょっと近づいて撮って来いよ!」とか、「逆光すぎるよ!」とかいろいろツッコミたいところではあるのですが、わしの場合、記録目的な撮り方をすることがほとんどなので、「ここに来たんだぞ」という証拠があればそれで十分だったのだろう。

12月 131999
 

2017/9

雷門。これは学生時代に一度だけ行ったことがあったかな。

社会人になって相棒を連れて行ったのが2度目、3度目は前を通っただけだけれども娘を連れて上野動物園に向かうバスの中で。

ただこの時は仲見世を見たりはせず、写真を撮ってすぐに帰ってきたのではないかな。もったいない。

12月 131999
 

2017/9

これまた学生時代は一度だけ、桜の季節に学校をさぼって昼寝をしに行っただけの千鳥ヶ淵・・・の近く。

今思えば、ここの桜こそもっとしっかりと堪能しておくべきだったなぁと。

12月 131999
 

2017/9

実は学生時代には近づいたことすらなかった靖国神社。きっと銀杏並木の写真を撮りたくて行ってみたと思われる。

歴史やら何やらで勉強したはずではあるが、当時は靖国神社が何者であるか全くわかっていなかった。今でもその存在は自分の中では微妙な位置にある。もう少し年齢を重ねると変わってくるのだろうか。

12月 131999
 

2017/9

最初に訪れているのが母校というのが自分らしい。ほぼサボってはいたものの一応は3年間通った校舎。懐かしい。

(今はわからないが)母校、一般教養は他の学部と同じキャンパス、川崎に通うが、うちの学部だけ専門課程が九段下に変わる。当然、サークルやらなんやら、知らない土地で2年かけて出来上がったつながりのほとんどがなくなる。ただでさえサボりがちだったものが、学校に行く理由が減ることでさらに拍車がかかる。

やはり人のつながり、コミュニティーというのは大切なものなのだな、とこの年になって気づく。

12月 131999
 

2017/9

東京駅到着。

すごい。20年近く経過してまだこの形の車両は走っている。東京駅も、年代分新しい感じはするけれども今とほとんど変わらない。

そして20年近く前のデジカメ、ハイライトは派手に飛んでいるけれども、なかなか良い感じで写っている。やるもんだ。

12月 131999
 

2017/9

雰囲気的には湯沢のあたりだろうかさすがに20年近く昔のデジカメ、200万画素とか300万画素であろうことを考えるとよく撮れているようにも見える。拡大しては見ない方が良さそう。

当時26才。

きっとわくわくするのを抑え込んで、いかにも東京なんて行き慣れているんだぜ、みたいな雰囲気を出そうと必死だったに違いない。

12月 131999
 

2017/9

社会人3年目、忙しい冬の前に現実逃避をしたくなったのか、東京に行きたくなったみたいだ。5時に長岡駅にいるということは、やる気満々。買ったばかりのデジカメをもってカメラマン気分みたいな部分もあったのかもしれない。

9月 051999
 

『CANON PowerShot S10』

◆それまでのあまりのバッテリー持続時間の短さに業を煮やして、またもや新しいデジカメを買ってしまいました。当事は、旅行に行く予定があったので、その時に欲しかった・・・という建前もあって勢いで買ってしまったように記憶しています。◆逆に言うと、その程度での購入だったので愛着がわくわけでもなく、かつ、旅行に行って飛行場を降りたとたんポケットに入れていたこのデジカメを落っことし、運が悪いことにそれがちょうど右足の辺りに落ち、慌てふためいた結果、スポーツ音痴のこのわしが見事なフリーキックを決めるという奇跡が起きました。◆サッカーボールすらまともに蹴れないこのわしが、落ちてきたデジカメに見事右足をあわせることに成功したのです。で、デジカメは大破・・・旅の間中壊れたデジカメで何をとることも出来ず行動するしかありませんでした。泣ける・・・。

◆その後、修理も終わりしばらく使っていたのですが、何せこのカメラ、ホワイトバランスがおかしいんですね。基本的にシアンがかぶる傾向にあるんです(蹴られたから?)。全体的に不健康な色合い。直後に「PowerShot G1」の発表さえなければもうちょっと長持ちしたかも知れませんねぇ(^^;。

以下、各種記事など

  • デジカメWatch 実写画像

 

 

3月 051999
 

『SANYO DSC-X110』

DimageV、あまりのバッテリーのもちの悪さのせいで、外に持ち出すこともなくなっていきました。そんな時に目が付いたのがこのデジカメ。当事、35万画素、80万画素あたりが多かった時代に、何と「100万画素」!素晴らしいじゃないですか。リーズナブルでしかもコンパクトですから、きっと持ち出す元気が出てくるだろうと思って購入しました。

結果、何とこれもバッテリー持続時間が短い・・・><。とってもストレス。「次は多少大きくてもバッテリーが持続するのがいいなぁ・・・」と強く思うようになりました。これで撮った写真も残っていないです(^^;。

以下、各種記事など

    • デジカメWatch

 

 

 

DimageV

11時59分 カメラ機材
7月 251997
 

『Minolta DimageV』

社会人になって初めての大きな買い物がこれ。

◆詳しいスペックは覚えていないけど、なんと言っても「レンズが本体から離れる」という作りが面白そうでした。これってデジカメじゃないと絶対に出来ないことだからなぁ!◆残念なことに電池が持たないので撮影可能枚数が極端に少なかった。記事では「100枚以上」と書かれているけど、とってもそんなに長持ちした感じはない。特にフラッシュを使った時は最悪で、すぐに電池切れに見舞われることに・・・。◆これ以来、「バッテリー性能」がデジカメ選びの重要な基準になったのです。

以下、各種記事。

Top