4月 022017
 

娘が小学校3年生になりました。少しずつ難しいところがでてきている感じがありつつも、それでもまだまだ親の期待に応えようと奮闘している娘。精一杯応援しているつもりですが、3年生、とても難しいだろうと感じています。やらねばならないことは驚くほど増え、上っ面だけでもとても忙しくなるのに、それぞれをしっかりと深めていこうとするととんでもない負荷が必要になる。そんな学年だと思っています。向こう1~2年をしっかりと娘と付き合っていくことがとても大切だろうなと。

また、心も体も大人になっていく娘、父と娘の二人旅なんてきっとないでしょう。ただでさえ娘は家族全員で行動することに意味を感じるところがあります。ですが、今回はそんな娘を説得して「最初で最後の二人旅」に出かけます。一泊二日の貧乏旅行ですが、それもまたよし。楽しんできたいと思います。

<予定>

  • 4/2 am 出発~山形の赤湯まで移動~赤湯から山形まで新幹線で移動~山形から仙山線で仙台まで移動~仙台にてポケモンセンター訪問~一泊
  • 4/3 八木山動物園など~駅周辺でお土産購入など~行きと同じルートで帰宅

 

こんな感じ。楽しんできたいと思います。

4月 022017
 

赤湯駅に到着、とちゅうセブンイレブンへの立ち寄りも含めて2時間10分。めっちゃ順調。

新幹線の時間まで25分。「赤湯~山形の往復乗車券」+「赤湯→山形の新幹線自由席券」+「山形~仙台のダブルきっぷ」を購入します。


無事に切符を購入、これから新幹線。

11:15発のつばさに乗って山形駅に向かいます。

4月 022017
 

乗りました!

めっちゃ空いているので前の席を回転させてこちらに向けて荷物置きにさせてもらいました。

赤湯駅で買ったおにぎりを食べてお昼ごはんにします。

4月 022017
 

山形駅につきました。赤湯駅から新幹線なら20分ちょい、あっという間です。

さてこれからが長丁場。仙山線で仙台まで移動します。1時間10分ほどの移動時間、娘は耐えられるかどうか!?

4月 022017
 

今回の宿は、仙台駅前徒歩数分にある「コンフォートホテル仙台西口」です。子供の添い寝無料+朝食無料、このベッドの広さなら十分かと。

ちなみに、ベッドの上ではしゃぎすぎて壁に足を痛打している娘が写真中央にいますが、自業自得なので放置。

一休みしてまた出かけます。

4月 022017
 

さて、八木山動物園を経て、ホテルへのチェックインも済ませて、いよいよ到着しました「ポケモンセンター」!!


2年生3学期の頑張りに対してお父ちゃんから許可されているのは「好きな人形2つ」というご褒美。

一番欲しかったらしい「キテルグマ」が残念ながら在庫なしとのことで、その代わりとなるものを必死で物色しております。必死です。でも楽しいんだろうなぁ。

今のところは、ゲーム内で自身の相棒となっている「アシマリ~オシャマリ~アシレーヌ」の中の「オシャマリ」の模様。他にも「カプコケコ」や「イーブイ」も気になっているようなので、心ゆくまで選ばせようかなと。

4月 022017
 

今日は利久で牛タンを。

お高いので「そこまでして・・・」と思う一方で、仙台に来るとやはり食べたくなるものでもあります。


わしは4枚8切れを。いやぁめっちゃうまい。大満足です。


娘はタンシチューを。

タンはあまりお気に召さなかったようですが、そのルーはかなりお気に入りだった模様。タンを半分以上残してルーは完食していました。

もともと牛肉のこってりした味が好きではない娘、今回はわしの好みにつき合わせた形ですが文句も言わずに付き合ってくれて感謝。その分、明日の昼ごはんはおいしい寿司を食べさせてあげようと思います。

4月 022017
 

3年生を迎えるにあたり、筆箱を自由に選択できるようになるとの事。今回の度でゲットするように指令が出ておりました。

本当はポケモンセンターでそれらしいものを探したのですが、残念ながら無し。

仙台駅前にある「Loft」で写真のペンケースをゲットしました。Loftは新潟にもあるのでは?というツッコミもありそうですが・・・でも、なかなか良いものを見つけたと思います。完全に娘のチョイスですが、デザインも機能性もとても良い感じ。

4月 032017
 

朝食です。写真はフロントですが、この右手に比較的広めの朝食スペースがあります。

朝は珍しく娘に起こされました。昨晩はわたしが先に眠りに落ちてしまい、娘から蹴られて・・・娘としてはイビキがうるさいのでいびきを止めるためにわしをけるわけですが・・・それで目が覚め、そこから少し2日目に向けての情報収集をスマホでやりましたが、さすがに疲れていたようで23時半には就寝。

かなりいびきがうるさかったらしく、娘は3時頃に目が覚めた模様。ちなみに、その時にはわしも目が覚めたのですが、まさかそれで目が覚めたものとは思わず・・・申し訳ないことをしました(–;。

結果、わしは8時間たっぷり眠ることができたので7時ちょいすぎに目が覚め、娘はその10分後にわしに起こされることとなりました。起きたとたん「うるさかった」とクレームが入りました・・・(–;。

4月 032017
 

仙台駅はお土産がたくさんあるので・・・多すぎて迷うってしまうくらいですね(^^;。なんとか頼まれていたものをゲットしたので、それらをコインロッカーに預けます。

荷物を預けて市内観光へ行ってから、10時開店のポケモンセンターを再訪する予定です。

4月 032017
 

今日はバスで移動!

今まで一度も行ったことがない、政宗公の墓所、瑞鳳殿に行くことにしました。ポケモンセンターが開店する10時までまだ時間があるので・・・。

4月 032017
 

到着。

逆光であまり写りはよくありませんが、とてもきらびやかなのがわかります。一度焼失したものを再建したもの、とのこと。


門のわきに1本だけある桜の木が満開でとてもきれいでした。

政宗公はうぐいすの初音を聞くのを楽しみにされていたとの事、ことしの初音を聞くことはできたのでしょうか。

4月 032017
 

さて、瑞鳳殿を経由して駅前まで戻ってきました。2日連続のポケモンセンター。

先日ゲットしたオシャマリに引き続き、2体目は何をゲットする予定なのでしょうか。2年生3学期の娘の頑張りに対するご褒美でございます。


初日の訪問時にはホテルに3DSを置いてきてしまったことでゲットすることができなかったイースターイベントの卵をゲット。

これで仙台でやるべきことはほぼすべて完遂。残すは昼ごはんにおいしいお寿司をご馳走すること!!

4月 032017
 

ということで、娘を回らないすしに連れてきてみました。ネタがどーーんとおいてあります。

塩釜に本店がある「すし哲」さんというお店へ。仙台駅に隣接している「エスパル」という商業施設の地下1階、レストラン街にあります。


こちらが娘の「まぐろ三昧」。

天然のマグロです。天然の、です。奥から大トロ・中トロ・赤身と2巻ずつならんでおりますが・・・まぁ贅沢ですこと。


で、わしはコースを。

板前さんとお話をしながら食べていたので白身の魚がなんであるかよくわからなかったのが残念でしたが・・・さすが、ちゃんとしたネタだとなんでもうまいですね。

北寄貝なんかも、回るすしだと少し癖と臭みが残っていますが一切なし。ウニも苦手なのですが、こういうところのはとてもおいしい。いくらも濃厚で全てがおいしかったです。


最後にイチゴのシャーベット。酸味が強くて甘すぎずとてもおいしかったです。

娘にも出してもらえましたが・・・これはサービスなのではないでしょうか。何も言われませんでしたが、ふつうはコースにつくものですよね、こういうものは・・・。


食べている最中も、子供が退屈しないように板前さんだったり仲居さんだったりが適度に娘に声をかけてくれて、とても親切でありがたかったです。最後にはお寿司の形をした飴までもらって至れり尽くせり。とても満足でございました。

4月 032017
 

さて、昼食を終え、コインロッカーから預けた荷物を回収し、仙台を出発する予定時間まであと1時間とちょっと・・・となったところで、娘はかなり疲れてそろそろ帰りたい様子。

13時の電車に乗る予定でしたが、早めて12時の電車に乗って帰途につくことにしました。ちょうどよい電車があってよかった。

仙山線で山形まで移動します。先日、山形で乗る時はガラガラだった仙山線、仙台駅に近づくにつれて混雑してきて最後3駅くらいは皆さん、立って乗っている状態でしたが、仙台発の電車もそれなりの混雑。改めて大きい町だなぁと感じました

4月 032017
 

山形駅の新幹線ホームに入線してきた「つばさ」です。これに乗って赤湯まで。

しかし、これがめっちゃ混雑しておりまして、(自由席は7両中の2両なのですが)2人がけがまるまる空いているところはゼロ。止む無く空いている席にわしが座り、その上の娘を抱っこして・・・で隣の上山温泉駅まで。幸い、そこで2人がけの席が空いたのでそこに移って赤湯駅まで、という道中でした。

結構な混雑でびっくりしました。

4月 032017
 

赤湯に到着したのが、14時半頃。そこから市内のローソンに入ってコーヒーとおやつをゲット。

車に乗る時からゲットしたポケモンたちと触れ合いたくてうずうずしていた娘が、ご覧の通りポケモンを出して、わしのパーカーで包んで満足げな表情です(^^;。分かりづらいですが、写真の奥から「カプコケコ」、中央に「イーブイ」、手前に「オシャマリ」と並んでいます。

家に帰ったらこれをベッドに並べるのでしょうが、「1人で寝る」とか言い出した時にこのポケモンたちがいるから囲まれて安心して眠れるとよいな、と思ったりしています。

Top