12月 092017
 

海老鶏白湯、880円

「限定ゲリラ」と書いてあったのでいつでも存在しているメニューではないようですが・・・が・・・このスープめっちゃうまい!! 唐辛子がのっているから、というわけではないと思いますが、スープが意外とピリ辛で、これが良いワンポイントになっています。

こちらのボソボソっとした細麺は案外好みなので&海老も好みなので、味を知らないけれども思い切って大盛り(無料)をお願いしてよかった。

 

店員さんが女性ばかりですが、まぁよくしゃべるわけですわ。それがうるさいのはマイナス。仕事の合間の昼飯くらい静かに食べさせてくれよ、と。でもうまいからまた行くんだろうなぁ。

11月 102017
 

濃密な煮干し、880円

↑ 味玉付きの値段で、それを注文したと思ったんだけど・・・勘違いかな?

スープは今はやりのどろっとしたポタージュ系。まずかないけど蒲田の宮元にはかなり劣る。

麺はかなり固め。もうちょっとやわくてもよい。

チャーシュー、うまい。チャーシュー追加したかったけど食券機では売り切れの状態。1人ですべてやっているみたいだけど追い付いていないのかな。残念。

替え玉ができるみたいなのと、替え玉じゃなくて・・・みんななんて言ってたのかな・・・和え玉?みたいなのもあるみたい。聞けばよかったんだけどなんか聞きづらくてね。壁に説明が貼ってあるわけでもなく。もうちょっと親切だとありがたいかな。


店の前。

とん、と食券機があるのみ。もうちょっと親切だとね。ありがたい。

11月 062017
 

山形県南陽市赤湯
辛味噌ちゃーしゅー、1150円

相変わらずの接客態度、回転重視で客なんて後回しの残念なお店ですが、うまいのですよ。うまい。

微妙なニュアンス、麺とのバランスなど、どれをとってもさすがは本家、新潟にあるぱくりのチェーン店とは違います。悔しいけれどもうまい。

一緒に行った後輩が言っていましたが、「スープのやめどころが難しい」というのがまさにそれを表していますね。これで雰囲気が良ければ最高なのですが。


前回訪問から時間がたってはいますが驚くほどお店がきれいになっていますね。開店の10分前ですがこの行列。車のナンバーも県外が多いくらい。大したもんです。

10月 112017
 

地下鉄成増
塩 900円(並)

食べログで高評価だったので。スープ、なんかちょっと薄い感じがする。なんだろう。まずかないけど特にインパクトはない。

麺。加水なしストレート。かなりの量。なるほど、麺を楽しむタイプか・・・苦手分野。

メンマ普通。

辛みのついた刻み葱が多少の変化球になってくれる。

チャーシュー、薄味系でほんの少し臭みあり。いまいち。

 

高評価な感じが全くしなかった・・・東京くんだりまで来て、さらには成増まで足を延ばしたにしては残念。それほど万人受けする感じのものではない。

自分の前に2人、ほぼ同時に1人、女の人が入ったけれども、どちらも・・・特に前の2人なんてかなりの量を残していた。麺の量が多いのは確かだがそれだけではないと思う。うまけりゃ最後まで食べるだろ?


入り口。店内、決してきれいではない。

箸入れが見た目も汚かったし、触った時もベトベトしてた・・・最悪。

ということで、そろそろ食べログの評価も怪しいもんだな…と感じる今日この頃。点数ではなく見た目とかで判断しないとダメかな。

9月 112017
 

昔、別のラーメン屋だったところ
海老そばちゃーしゅうめん、1,030円

スープ、うまい。しつこくない程度に海老の風味がある。

ちゃーしゅー、分厚いのがたくさん。価格相応ではあるが見た目のインパクト大。ちょうどよい柔らかさ、脂身もぎりぎり臭みが気にならないレベル・・・いや臭みは残る。炙ってあってこれか。ツメが甘い。炙りの風味も弱い。

麺、細目縮れ。まぁふつう。シルク麺とやらを使っているとのこと。

オーナーのおじさんが作りながらよくしゃべる。厨房内の女性(奥さん?)とペラペラとしゃべりへらへらと笑い・・・一番嫌いなパターン。いらっしゃいませーとか言ってはいるが思ってはいないんだろうなぁ。

そういう意識の低さが細かくでているなぁと。客の目に付くところの細かな汚れが結構放置されているし。だべっている暇があるならやることやんなさいよ、と。うまい方だと思うけど大きくははやらないんだろうなぁ。

8月 102017
 

薫る塩ちゃーしゅー、1,000円

スープ、エビの風味があるなぁ。まろやかでうまい。好みだ。

麺は極細ストレート、多加水ぎみ、まぁまぁ。細いのは好み。

チャーシューは二種類、豚バラのは分厚いけど臭みが全くなくて味も脂身もしつこすぎなくておいしい。上品な角煮のよう。

もう一つはロース?黒コショウがふってあってこおばしい。ちと肉にくしい?のが臭みっぽくなくもない。だから黒コショウでカバーしてんのかな?もう少し薄く切ってあった方がうまいかも。これまたうまいなぁ。

メンマはふつう。

7月 072017
 

上越市直江津、8号線沿い
並、ちゃーしゅー、830円

ちゃーしゅーがげきうま。


こんな外観。外観はいまいち?ですが、中はそんなことはなかったです。

6月 302017
 

東京・秋葉原
極煮干しラーメン、1,100円

なんと今日が営業最終日とのこと。早速食べる。カメラのせいかめちゃ赤みが強くてどんなラーメンかわかりづらい・・・ラーメンの写真はXperiaの方が向いてるのかも。

で、スープ。赤いのは辛味でしたか。ちょっと余計な感じもするけど、好み。これはこれであり。うまい。魚介の風味も強くて(辛味のせいかもしれないが)えぐさや臭みはなく、おいしい。

麺、太め縮れ。この荒っぽいスープには太麺が合うイメージ。このお店独特のものだと思うけれども一反木綿のような平べったい大きな麺が入っている。最初はワンタンかと思った。これがまたアクセントになっていてうまい。

チャーシュー、ハムのようなタイプ、少し赤みがあって薄いけれどもとてもおいしい。

味玉、これまたうまい。半熟とろとろで味付けもちょうどよい。

これはうまい。秋葉原は激戦区の成果、営業最終日というのがもったいないけれども、本店が新宿にあるようなので今度はそちらに行ってみようかと。とてもおいしかったです(ちと高いけどね)。

Top