9月 022018
 

東京旅から帰ってきた翌日=昨日も朝から忙しく、午前中はいつも参加しているお茶会に行って生け花の練習をさせていただき、帰ってからは近所のいつものお友達とたっぷり遊んだ娘。その体力はどこから出てくるのかと感心。

そして今日=日曜は新発田市の図書館、イクネスにて、ゾロリの作者である原先生のイベントに参加。サインをもらって絵の練習をするだけでなく、最後にはとにかく途中であきらめずに続けることが大切、という実際にそれをやっているからこその重みのある言葉をいただくこともできました。良いイベントに参加で来てよかった!

9月 032018
 

東京駅では即日完売ということで泣く泣くゲットできなかったガシャポンのダンゴムシ。案外田舎の方があるのではないか、ということで、始業式後、はま寿司で昼食を食べた帰りにイオンに立ち寄ってみると・・・ありました!!

3色そろえようと3回ガチャを回すとダブりなく一発で3色そろう奇跡。最高!!!

9月 082018
 

海老寿久(えびすく)担々麺、780円

スープ、とてもまろやか、海老?の香りが強すぎて臭い位なのが気がかりだけれどもとてもおいしい。辛みも辛すぎずちょうどよい。でも、まろやかすぎて?最後の方はかなり飽きる(^^;。

麺はスープと絡んでバランスがとれているかな。

 

まぁおいしいか。前回訪問時はホール担当の女性の対応が非常に印象が悪く、その後はずっと避けていたけれども、客足も落ち着き、丁寧な対応になっているかな、というところ。味は上々、比較的遅くまで営業しているので、もう1度来てみても良いかなと。

9月 092018
 

前回の土器作成体験に続いて2度目の訪問。今回はこども考古学教室。

学校でまだ歴史を習っていない娘にとっては「縄文時代」とか言われてもピンとこないとは思うけれども、学校では広く浅くしか習うことができない歴史の授業を聞いても同じ状況だと思うので、先に知識の土台の一部でもできていた方が良いのではないかと思っての参加。

9月 092018
 

ということで、多少の座学を終えたのち、子供たちは先生に連れられて実際の竪穴式住居などを見学に行きました。片道1km程度の山道。良いハイキングになったのではないでしょうか。

ちょっとお話の出来るお姉ちゃんもできたようで、最初は緊張?でこわばっていた娘の表情が、帰ってきたときはいつも通りの表情になっていたので一安心。

大人も参加して縄文式土器(再現したもの)で栗を煮て食べてみる。昔の人は栗が主食だったそうな。

9月 092018
 

考古学教室を終えてもう昼ごはんの時間だったので今回はここで。

新津駅前のデイリーは仕事でたまに立ち寄りますが、比較的広いイートインスペースがあって、ここで作っているお弁当屋らパンやらが充実していてなかなか良い感じなのです。日曜の真昼間だと学生も少なくて静かに落ち着いて食べられるだろうという判断。

お弁当、とてもおいしかったのです。

9月 102018
 

おとうちゃんと2人きりのお休みを過ごす風さん。

相棒と妹がいないと途端にお腹を出してたっぷり甘えてくるんですよねぇ。相棒と妹がいると甘えてはきますが絶対にお腹を出したりはしないのです。

風さんなりの順位付けというか、プライド?なのでしょうか。


ちょっといたずら・・・肌寒いので掛布団代わりに・・・。

9月 182018
 

六本木ヒルズの食べ物屋が集まっているところ・・・たしか地下だったと思うけれども・・・にあったどんぶり屋さん。六本木と言いながらなかなかにリーズナブル。うまかった。

Top