8月 222017
 

富士通携帯・スマホを何度か使ったことがありますが、あんまりいいいものではありませんでしたねぇ。スマホ黎明期のころに、頑張って最新のCPUを載せたスマホを作ったはいいけれどもバッテリーが全く持たず実用にならないものだったのはよく覚えています。指紋認証に早くから取り組んでいるなどチャレンジの姿勢はありましたが、ユーザーのニーズを取り込んだチャレンジではなく、メーカー自身とキャリアの都合によるチャレンジだった感じですね。ユーザーを見ていない、というか。

これはメーカーにも問題はありますが、キャリアにも問題がありますよね。Docomo。ユーザーが望んでいるものよりも自身の都合で物を作ってくる。ユーザーのICTスキルがまだまだ低いことも影響しているかもしれないが、だからって電話を持てば通話が始まりますよ、とか、バイバイといって耳からスマホを離すと自動で通話が終了する、とか・・・アホか。

んなことにメーカーを突き合わせてるから、日本のメーカーは世界で戦えるスマホを作れないんですよ。すでに東芝・NEC・Panasonicが撤退し、今回富士通が撤退、残るはSHARPとSONYですがSHARPは実質日本の企業ではないですし、SONYも富士通が撤退したことでキャリアのあほな要望の受け皿になろうものなら・・・お先真っ暗ですなぁ。

日本の通信、さっさとSimフリーのみにしてしまえばよいのではないでしょうかね。キャリアはキャリアの仕事だけ・・・インフラの提供だけにして、メーカーはメーカーの仕事だけ・・・スマホを作って売るだけにして、ちゃんと世界で正しく戦ってもらいたいですねぇ。

Top