6月 242015
 

 

◆◆前置き
◆いやはや、写真を撮るというのは中々楽しい趣味でありまして、でもそれは被写体があるからこそ成り立つものでありまして、そして「撮りたい!」と強く思う被写体はいろいろと変遷するものでもございます。

◆カメラ(デジカメ)を買った当初は、「撮ること」という行為が楽しいと思っていたのですが、今思えば「日常を切り取ってメモとして残す」ことに興味が、楽しさがあったんだと思います。そしてそれは今でも続いていて、このブログに日常をメモとして残し続けているところからも明らか。ただそれは、携帯電話~スマートフォンのカメラ機能の進化によって、カメラを使ってやることではなくなってしまいました。カメラを首から提げて出かけなくとも、スマホをポケットに放り込んで、スマホで音楽を聴きながら散歩しながら気になるものがあればパシャッとスナップすれば十分なのですから。

◆風を飼うようになってから、被写体は風になりました。動き回るものを生きいきと切り取りたいと思うようになり、当時のコンパクトデジカメではそれが不可能なことを知り、「一丸なんてそんなにお金をかけてばかばかしい!」なんて思っていたのですが、気が付いたらEOS 20Dを購入するにいたり、風が成長して大きくなるについて普通のレンズでは追いきれなくなることがわかってしまった結果「EF70-200 F2.8 IS USM」を購入するという道をたどりました。

◆娘が生まれてから、被写体は娘になりました。娘の相手をしながら一眼を片手に、というのはかなり困難・・・その頃にはスマホのカメラ機能がかなり進化してきたので、片手にはスマホのカメラ、というスタイルが定着しました。気合を入れるときだけは一眼、という程度。ただ、やはりスマホでは、動く娘を自由自在に切り取ることはできません。かといって、今さらスポーツ向けの一眼と望遠レンズを何十万もかけて手に入れるというのは現実的ではありません。そこで、最近の興味は普通のデジカメでマクロから望遠まで一台で賄うことができる高画質モデルに移っていたのでした。

◆◆ようやく本文
◆で、ニコンのP900とかに興味がいきましたが、本体が大きい重い、そもそもニコン好かん・・・ということで却下。ソニーのHX-90Vは欲しい、けどこれまでのモデルに比べてちょっとお高め・・・5万だすならもうちょっと良い物が欲しい。そんな中、秋か冬になってから出ると思われていたキヤノンの「G3 X」が突然発売されることになったというニュースが飛び込んできたわけです。

◆キヤノン、IXY200~IXY300~Powershot G1(初代)~EOS 20D~EOS 7Dとずっとキヤノン党でした。が、EOS 7Dとレンズ群を手放したところで、未練がありましたものですから「もうキヤノンには手を出すまい」と思っておりまして、だからこそこのG3 X、欲しいのですが高価でもありますし手を出さずに済みそうではあるのですが、スペックを見る限りは本当に欲しい。本当に。ビックカメラのポイントが結構残っているのですが、それでも予算的には厳しいのもありますが・・・欲しい(^^;。

 

◆スペック的には

といったところが魅力的。733gという重量はソニー、HX-90Vの245gに比べると3倍近いのですが、一眼レフで考えると昔使っていた「24-105 F4 L」の670gと大差ないレベル。レンズ1本分と考えれば軽い軽い。そして何より600mmまで写すことができる、一眼レフで600mmのレンズなんていったらそれだけで100万以上しますからね。

◆これがあれば、さすがに日常のスナップをスマホで、という習慣は変わらないと思いますが、風の写真も撮れる、娘の写真も撮れる、娘の学校行事も撮れる・・・となります。かなり満足度が高そうです。ただ、あえて言うなら、最近の趣味である「めだか」の撮影にはマクロが不可欠であること、このG3 Xがどれだけ寄れるか・・・マクロのサンプルがまだ少ないので早く見てみたいものです。さらに本音を言えば、PLフィルター使えないかなーというのもありますが・・・そこまで言ったら一丸を買いなさい、っていう話ですね。

◆同時期に発売となる、α7用のマクロレンズ「FE 90mm F2.8 Macro G OSS」も「メダカの撮影」だけではなく、今もっている「28-70mm」の望遠レンズではカバーできない領域を撮影できる「F2.8の明るいレンズ」という意味で、気になるところではあります。ほぼ同じ程度の金額を積むのであれば、こちらのマクロレンズを買ったほうが幸せになれるのでは、とも思っています。でも、それでは望遠がカバーできないのですよ、望遠が・・・。これから娘が年齢を重ねて、小学生の行事の撮影をしようと思ったら・・・ビデオカメラ買ったほうが幸せになれるか・・・むむ・・・ということはデジカメではなく、レンズを買うべきなのかもしれない・・・。

 

以上、妄想でした。

Top