11月 282012
 

原曲、中島みゆきですね。

(以下、長文)

世間一般のイメージに漏れず「暗い」イメージの中島みゆき。でもCMでたまに見せる茶目っ気たっぷりのキャラクターのイメージもあり、自分の中ではよくわからない歌手、という感覚。歌を本気で聞くこともありませんでした・・・あの細かく震えるビブラートが苦手なのもあります・・・

・・・が。

このファイトという歌は、いつだったでしょうか・・・ずっと昔にCMで使われて流れていて、その時には「あったかい歌だなぁ」ととても良い印象をもって聞いていたことも覚えています。

でも、そんな両極端なイメージがあったからこそ、なおさら「よくわからない」という見え方がして、ずっと食わず嫌いで来た感じです。


それが、ふと時間つぶしにニュースサイトを見ていると、カロリーメイトのCMでこの「ファイト」が採用されているという話・・・出演している女優さんは全く知らなかったのですが、YouTubeの動画を見て鳥肌が立ちました。

中島みゆきのような独特な、ある意味癖のある歌い方ではなく、シンプルにストレートに、でも声を振り絞ってきれいに歌うことよりも力強く「ファイト」と応援する気持ちを前面に出したその歌い方に聞き惚れてしまいました。

そこからいろいろと調べるうちに、この「ファイト」という歌ができたエピソードを知ったり、この女優さんの素性を知ったり・・・その上で改めてこのCM動画を見るとまた感動できたり・・・と、1つのCMでこれほどまでにのめり込んだのは久しぶりで、こんな良いコンテンツを作る業界人がいるのだなと感心してしまいました。

最近のテレビ業界は見境が無いというか、理想や理念が感じられなくて、真剣にテレビを見なくなって久しく、今や見たいと思うこともないくらいでした。そんなところでこのCM、とっても救われた感じがしました。


また、背景になっている(恐らく受験生をイメージしたと思われる)男の子の演技・映像も良いではないですか。学習塾という業界に身を置いているせいかもしれませんが、あのような姿には本当に心を打たれます。

実は、カロリーメイト、毎年まではいきませんが、試供品を頂戴するんですね。受験生たちに配ってあげて下さいと。もちろん営業的な観点であることは間違いないのですが、その日頃の営業さんの行動とCMがリンクしたことでなおさらうれしかったというか、これも感動した理由の1つですね。営業目的であっても、カロリーメイトをどんな人に食べてもらおうとしているかがとても明確になっている。そりゃあ、我々も子供たちに「カロリーメイト食べて頑張ろうぜ!」って言いたくなります。そして、今回のCMを見せて(大して知らないくせに)中島みゆきのことを語ったりしながら、受験の夢も語って子供たちのやる気を高めてあげたりもしたくなります。


もちろん、この「ファイト」っていう言葉が自分に向けてのメッセージのように感じられた、というのも感動した理由の1つですね。

年齢を重ねるにつ入れて背負うものが増え、いろんなものを背負いながら前を見て進んでいくしかなくて・・・対して強い人間ではありませんから、一度後ろを振り返ったら前を無ことができなくなりそうだから、後ろを振り返ることなんて絶対にできなくて・・・まぁそんな深刻に考えているわけではないのですけどね、たまにちょっとセンチになてみたりすることもあるわけですが(^^;・・・こんな風に力強く明るく「ファイト」って言ってもらえたら、それだけで頑張れるな、なんて思って思わず涙ぐんでしまったおっさんがここにいます。


とにかく、とっても良いCMでした。

Top