4月 202008
 

メバル用にゲット。さすがにオシアは高くて手が届かず・・・(^^;。

◆とは言え、何よりもこの竿の良いところは、適合ルアー範囲が「0.7g?12g」と広いこと。冗談抜きで、1g程度の軽いジグも投げられますし、10g程度の錘(2.5号程度のナス錘も)でも投げられます。だから、小さめのジグヘッドでのメバリングもできますし、餌でのハゼ、キスもできるところです。
(※さすがに3号錘だと怖いです。2.5号もフルキャストはちょっと心配)

◆次に良いところは、ソリッドティップなのに高感度なところ。キンキンのチューブラーは持ったことがありませんが、ソリッドだから感度が落ちるっていう感じはないですね。相当小さいメバルのあたりでも十分に感じ取ることができますし、15cmくらいのキスにもなると「どれだけ大物なんだ!?」と思ってしまうくらいの感度を誇ります

◆あえて難点をあげると、わしはどんな釣りでもPEを使うのですが、ガイドが普通のタイプなので、絡まりやすいところです。まぁ、この辺も技術の問題のような気がしてなりませんが、ジグヘッドのリフト・フォールなんてやってると気がつくとラインが絡まっていたりするので怖くてなりません・・・(^^;。

◆【結論】値段もそこそこ、手が届く範囲のロッドで、これだけのスペックで・・・買いだと思います。小物でも十分楽しめる人向きですが、このソリッドの柔らかさははまること間違いなし!!

Top