4月 202008
 

写真は2010年モデル
※2012現在アドバンスは販売されていません

◆メバル用に、同じシマノのゲーム AR-C S706ULとあわせてゲット。ちっこいメバル用ですから、そんなに糸を巻かないと思ったのでシャロースプールのこれにしました。

◆PEライン、0.8号を110m巻けるので十分かと思ったのですが、ライントラブルが起こったり根がかりで切れたり・・・といろいろな理由でラインって切れることが多いんですね・・・となるとシャロースプールの糸巻き量だと不安かもしれません・・・少なくとも今のわしはそうです(^^;。

◆メバルをやる人はフロロカーボンを使う人が多いみたいですが、PEから入ったせいか全部フロロカーボンというのになじめず、シーバス用のタックルと同じくPEラインとフロロカーボンのショックリーダーで釣りをしています。

◆さて、このリールですが、一昔前のリールと比べればはるかにスムースで使いやすいんだと思います。でも、一昔前のリールを知らないわしにとっては、「こんなもんか」って感じです><。1つ上のクラスのリールと比べれば明らかに巻き心地が違いますからねぇ・・・でもまぁ小物釣り用にはこれくらいで十分だと思います。

4月 202008
 

メバル用にゲット。さすがにオシアは高くて手が届かず・・・(^^;。

◆とは言え、何よりもこの竿の良いところは、適合ルアー範囲が「0.7g?12g」と広いこと。冗談抜きで、1g程度の軽いジグも投げられますし、10g程度の錘(2.5号程度のナス錘も)でも投げられます。だから、小さめのジグヘッドでのメバリングもできますし、餌でのハゼ、キスもできるところです。
(※さすがに3号錘だと怖いです。2.5号もフルキャストはちょっと心配)

◆次に良いところは、ソリッドティップなのに高感度なところ。キンキンのチューブラーは持ったことがありませんが、ソリッドだから感度が落ちるっていう感じはないですね。相当小さいメバルのあたりでも十分に感じ取ることができますし、15cmくらいのキスにもなると「どれだけ大物なんだ!?」と思ってしまうくらいの感度を誇ります

◆あえて難点をあげると、わしはどんな釣りでもPEを使うのですが、ガイドが普通のタイプなので、絡まりやすいところです。まぁ、この辺も技術の問題のような気がしてなりませんが、ジグヘッドのリフト・フォールなんてやってると気がつくとラインが絡まっていたりするので怖くてなりません・・・(^^;。

◆【結論】値段もそこそこ、手が届く範囲のロッドで、これだけのスペックで・・・買いだと思います。小物でも十分楽しめる人向きですが、このソリッドの柔らかさははまること間違いなし!!

Top