8月 102007
 
もともと相撲にはそれほど興味があるわけではないのですが、そこはやはり国技だからかテレビでやっていると目がいってしまいます。そこで横綱のニュース ◆この記事は痛快ですね。読んでいて気持ちがいい。「外人力士」「外人横綱」にどういう感情を持っているかと言えば、あまり嬉しくはないと言うのが個人的な感情です。そこはやはり日本の国技ですから、日本人に頑張ってもらいたいと思うのが素直な気持ちです。◆だからと言って「外人力士」を排除するべきと言うふうには思いません。彼らだって「相撲」というしきたりの中に入り込んで、順応するべく精一杯頑張っているのですから。その努力には敬意を表さずにはいられません。◆しかし! やはり郷に入っては郷に従え。あくまでもこれは「相撲」の世界のことなわけで、その世界のルールにはのっとらなければならず、いかに外国人であるといえども日本と言う国の国技の頂点に君臨する人間なのです。その人が日本人の範とならないような行動をとるべきではない。そう思うのです。◆そういう意味で、この記事、大いに的をいているように思うのですがいかがでしょうか?
Top