11月 212005
 

苦しい時こそ、辛い時こそ笑っていたい。

笑う門には福来る。一応、これが私のポリシーだと思っています。


果たしてこれからの自分は笑っていくことが出来るでしょうか。苦しい時に、辛い時に頑張っていくことができるでしょうか。今はポリシーなんてかっこいいことは言ってられないかもしれません。

これまでのこと、今のこと、これからのこと。ここ上越に来ると言うことが自分にとってはことのほか大きな人生の分かれ道になったということのようです。
この分かれ道を進んだことが良いのか悪いのかは後になってからわかることなのでしょう。今はわかりません。いずれにしても、分かれ道のこちら側に進むであろうことはおよそ想像がついていました。想像できていて、そうなるであろうことがわかっていてそうなったのです。もちろん、こちら側には出来る限り進みたくはありませんでした。それは間違いのない事実です。けれども、こちらに来ないようにするために後戻りすることも出来なかったのです。

今いえることは、使い古された言い回しではありますが「ぽっかり穴の開いた感じ」がするということ。そしてその穴を埋めるために、気持ちを整理するためにここにこんなことを書こうとしているわけですから、しばらくはこの虚しさと付き合っていかなければならないのでしょうね。

虚しさを忘れようとすると、ついぞ自暴自棄になってしまいそうです。特に自分はそういう性質ですから、この虚しさとうまく付き合って行かなければなりません。必要以上に自分を鼓舞することもなく、必要以上に虚ろになることもなく・・・気持ちの揺らぎを少しでもなく平静を保っていくことが今の自分にもっとも必要なことなのでしょう。

唯一、自分には「風」というかけがえのない存在がいます。それだけが頼りです。風がいてくれれば、もう少し強くいることも出来そうです。

まずはいろいろなことを考えながら今日は寝ることにします。明日の朝起きて、少しずつ変化に気がつくようになると、また虚しさに襲われてしまうのかもしれません。

それでも明日は来るのですから、明日を生きていかなければなりません。今までのことを感謝しながら、明日のことだけを考えていかなければなりません。

 

Top